デンタルエステ|稲沢市の歯科「医療法人明枝会 スマイルデンタルクリニック」

0587213111 WEB予約

デンタルエステ
Esthetic

デンタルエステとは

デンタルエステとは、お口の周りに関するお悩みを解消するために、歯科医院で行うさまざまな施術のことです。
当院では、ほうれい線などのしわを軽減する「ヒアルロン酸注入」や、歯ぎしり・食いしばりを改善する「ボツリヌス治療」を取り扱っています。

ボツリヌス治療

ボツリヌス治療とは

ボツリヌス治療とは、ボツリヌス菌の毒素(天然のたんぱく質)の有効成分を整えた「医薬品」による治療です。
ボツリヌス製剤には筋肉を麻痺させる効果があり、お顔周りの筋肉の緊張を緩和させることで様々な治療効果を期待することができます。
菌や毒を使用するのではなく、完全無毒化し人体への影響をなくした上で毒素の効果を利用する、精製した安心・安全な薬剤です。
世界70か国以上・40年以上の歴史を持ち、美容目的だけではなく医科の筋肉や神経の疾患による痙攣や痛みなど様々な治療に対してすでに確立した成果があり、歯科領域では2011年頃より導入され徐々に拡大されています。
あくまで顔の筋肉の一部のみの力を弱めるため口が全く動かなくなるということになることはありません。 効果は半年から1年ほど持続します。その後体内のボツリヌスは徐々に排出され効果は消失していきます。
(1回の注射によって長期間に渡って症状が出なくなる患者さまや、数回の治療で徐々に持続期間が長くなり注射の必要がなくなる患者さまもいらっしゃいます。)
ボツリヌストキシン治療は歯科学会(日本補綴歯科学会・日本顎関節学会など)でも発表されているエビデンスがある治療です。

こんなお悩みありませんか?

  • 歯ぎしりやくいしばりをなんとかしたい
  • 歯ぎしりのマウスピースが違和感強くはめられない
  • 下アゴに梅干しのようなシワができてまう
  • 歯ぎしりで歯がすり減ったり、欠けてしまう
  • 顔のエラが気になる
  • 朝朝起きるとアゴの関節が痛い
  • 笑うと上の唇が上がって歯ぐきが見える(ガミースマイル)

当院のボツリヌス治療

Botulax (ボツラックス)

美容において、主に表情ジワの改善効果で⼈気の⾼い純度99%のボツリヌストキシン製剤です。
ボツラックスは韓国のHugel社製造のお薬で、日本でも承認されている米国アラガン社製造「ボトックスビスタ®」の同型ボツリヌストキシン製剤で後発ジェネリック薬品に相当します。
本製剤もKFDA(韓国⾷品医薬品安全庁)に医薬承認されており、効果と安全性を認められています。効果や持続期間も「ボトックスビスタ®」と変わりません。後発品のため、こちらを使用することで費用を抑えた治療が可能になります。
当医院では、歯科治療での使用確認と輸入許可を厚労省より得た薬剤(各製造国で薬事許可済みの薬剤)を使用しています。

歯科による適用

1.咬筋(エラの部分にある噛むときに使用する筋肉)
  • 咬筋肥大によるエラ張り(ベース顔)
  • ブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり・タッピング)の緩和
  • ブラキシズムより起こる顎関節痛・肩こり・頭痛の緩和、歯や歯ぐきのすり減りの予防

※小顔効果…咬筋にボツリヌスを注射すると咬筋の力が弱くなり、噛む力が弱めます(噛めないわけではなく力がやや入りにくくなります)1か月ほどで咬筋が小さくさり、小顔になる(エラが小さくなる)ただし骨が角ばってエラが張っている場合には効果は期待はできないですが、大半の方は咬筋が張っていることが多いです。

2.上唇尾翼挙筋・上唇挙筋(ともに上唇を上にひっぱる筋肉)

ガミースマイル:上唇を上にあげる筋肉のひっぱりが強く笑うと上あごの歯ぐきが見える、それにより前歯が乾燥しやすく歯肉炎や虫歯になりやすい。

3.オトガイ筋 (アゴの梅干しシワ)

口をすぼめると顎に梅干し状のシワができる、顎の筋肉の発達が強く顎が割れている。

*歯科医院での施術はお口周りに限定されています。

料金表

部位 通常料金 ★初回のみ★
咬筋 35,000円 30,000円
ガミースマイル 23,000円 20,000円
梅干しシワル 23,000円 20,000円

すべて税込みの金額です。 表面麻酔希望の方 別途500円頂戴します。

★特別キャンペーン★
偶数月の第1~2週目のみさらに1000円Off
(※このキャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます)

治療の流れ

1

カウンセリング・同意の確認

2

施術前の写真撮影(記録用)

3

筋肉の位置のマーキング・消毒

4

施術 
※1部位およそ15~30分 表面麻酔の場合+30分

5

圧迫止血・内出血予防のクリーム塗布

6

注意事項の説明

7

2~3週間後に効果のチェック(状況によっては1週間後の診察をお願いする場合もございます)・術後撮影

治療における注意事項

術後の経過  ※効果の出方や持続期間には個人差がございます。
  • 数日から数週間かけて少しずつ効果が現れてきます。(咬筋は大きいため約3週間~1か月位)
  • 最初の1週間程度は打った部分の筋肉が重たい感覚、噛みにくい、鈍い痛みが残る場合がありますが時間経過とともに自然に消えていきます。
  • 施術後に打ったところがポコっと膨らみや凹みができる可能性があります。
  •  大半が液の貯留によって起きるケースでこの場合は1週間程度で徐々に吸収されていきます。(揉まないでください!)
  •  まれに咬筋の肥大が顕著のため咬筋全体にボツリヌスが浸透しなかった場合は2週間後の経過観察時に確認し少量のみ追加する必要があります。
  • 注射で注入致しますため、他の注射と同じく、注射部位の腫れ、赤み、内出血、疼痛などが出る場合がありますが、殆どが一時的なもので数日で徐々に薄くなり消失します。
  • 特に顔は血管が多いため術後内出血がみられることがございますが、1~2週間程度で徐々に消えていきます。(コンシーラーで隠すことも可能です。)
より効果を高めるための施術後の注意事項

ボツリヌス製剤は熱に弱いです!

  • 当日の激しい運動・過度な飲酒を避ける
  • 術後最低3日間の長時間の入浴・サウナを避ける(シャワー浴は可能) 
  • 注射部位を強く揉まない、こすらない、冷やさないでください
  • 翌朝まで注射部位の化粧はなるべく避けてください
  • 献血は3か月経過以降に行ってください。
  • 痛みが強く残っている・内出血が酷いなど治療後の経過について心配なことがあったり、患部に異常を感じましたら診察をお受けください
    (基本的に施術2~3週間後に経過確認をさせていただいております。)

2回目以降は筋の増大力が低下していくため一般に初回よりも効果が持続する傾向があります。 ただし短期間に大量に打ちすぎると逆に耐性ができるため治療効果が減る可能性があるため、通常最低でも4~8週間は空けることを推奨されています。(医師の判断により最初に少量でテスト注射した場合は1週間後に追加で打つ場合もございます。)

下記に該当される方は施術することができません。
  • 妊娠中の方
  • 治療箇所の周辺の皮膚に潰瘍や感染のある方
  • 抗がん剤治療を行っている方
  • 慢性的な呼吸器障害・閉塞隅角緑内障
  • 授乳中の方
  • 湿疹・乾癬を発症している方
  • 神経筋伝達機構の障害を伴った疾患(重症筋無力症など)
  • 未成年の方
  • ケロイド体質の方
  • 重篤な心疾患または肝・腎疾患
下記に該当する患者様はお申し出ください。Drと相談の上施術となります。
  • 抗凝固役を服用中(術後出血が止まりにくい可能性があります)
  • 妊娠予定の人とその配偶者
    (施術後女性は2回の月経が終わるまで、男性の場合3か月間は避妊が推奨されております
  • 薬剤過敏症(最初に少な目に打ち、1週間後に追加等調整を行います)
  • アルコール消毒で赤みがでたことがある方 

ヒアルロン酸治療

ヒアルロン酸注入とは

唇ならびにお口周りのシワ(ほうれい線、マリオネットライン、リップなど)は歯列やかみ合わせ、生活習慣が原因で深くなっていることがあります。お口の中の治療だけでは治らない口唇周囲のシワにヒアルロン酸注入は効果的です。

 ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸は体内に存在する潤滑作用、保湿作用を持つ成分です。肌のハリを保ったり、関節で潤滑剤の働きをしています。1gのヒアルロン酸は6ℓもの水分を保持するといわれています。 歳を取るごとに減少していき、60代でピーク時(20歳頃まで)の20~25%まで減少してしまいます。 1ml(1g)注射器8本分相当のヒアルロン酸が失われている計算になります。 しわ・鼻・顎に注入することで内側から皮膚の凹みを持ち上げたり、形を変えたりと物理的に改善します。(歯科では口腔領域のみの施術をなります。)注入されたヒアルロン酸は6か月~1年程で徐々に体内へ吸収されていきます。(個人差がございます。)

歯科で受けるヒアルロン酸注入について

グルコサミングリカン(ムコ多糖類)の1種であるヒアルロン酸は、背板内組織の中に含まれている物質です。

  • ヒアルロン酸を注入すれば、メスなどを使わなくても、しわを改善させることが可能です。
  • 比較的やわらかいヒアルロン酸のジェルを注入するので、仕上がりはとても自然です。
  • 簡単な治療なので、時間がかかりません。
  • 注入した後すぐに結果を確認できます。
  • 回復に要する時間(ダウンタイム)はほとんどいりません。

歯を抜いたためにできたしわ、インプラント治療でできたしわ、入れ歯が合わなくなってできた口の周りのしわ、歯肉の改善(ブラック・トライアングル)などにもおすすめです。

歯科で受けるヒアルロン酸注入について

最新のマイクロカニューレ注射針を使用します。

カニューレとは従来の鋭い針と違い、先端が丸く、側面に穴があいた針です。施術中の痛み・内出血を抑える、注入回数を少なくできるメリットがあります。
従来の針に比べ、長針であるため、一つの針穴から幅広いエリアへの注入が可能となります。 そのため従来であれば複数の穿刺が必要な箇所も、1回の注射で広範囲の注入が可能になるため、穿刺回数による痛みも軽減します。皮膚及び皮下組織の中には、神経や血管が多数存在しており注射の処置には内出血が生じやすいのが現実です。
通常の注射針の先端はメスのように鋭く尖り、通り道に存在するすべての組織をカット(損傷)しながら進むためこれらを損傷する可能性があります。一方カニューレは、先端が丸く組織をカットすることができないため、血管や神経などの皮膚組織を傷つけずに注入でき、内出血が大幅に回避できます。そのため、カニューレでの治療は、組織にとても優しく、痛みや腫れ、内出血が少ないのです。

販売数世界TOP3のTEOSYAL(テオシアル)を使用します。

TEOXAN社(スイス)製のヒアルロン酸注入剤で、現在ヒアルロン酸注入剤の販売数では世界トップ3の製品です。
EU(欧州連合)加盟国の安全基準条件を満たすことを証明するCEマークを取得&日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(米国食品医薬品局)から承認を受けている注入剤です。
2008年Aesthetic Medicine Awardsの年間最優秀注入剤賞を受賞し、患者様の満足度、治療結果、効果の持続期間、使用感、カスタマーサービスなどの12の選考基準において高い評価を得た、高品質で安全性の高いヒアルロン酸注入剤です。
100%非動物性ヒアルロン酸使用の為アレルギー検査不要、赤みや腫れの原因の一つと考えられるタンパク質量を極めて少なく(5μg/g未満)しています。また、現在あるヒアルロン酸注入剤の中でも高い濃度(25 mg/ml)であるのに加え長いヒアルロン酸の鎖が連鎖している構造なので表情筋の動きに合わせて柔軟に伸縮して元の形に戻ろうとする性質があるため、注入後にヒアルロン酸が体内で分解されにくく長期的な作用の持続が得られるとされます。麻酔成分のリドカインが含まれていており、注入剤を皮内に注入した際の刺激を緩和します。

感染予防を徹底!ヒアルロン酸の使いまわしは行いません!  

ヒアルロン酸注射が一見安いクリニックにご注意を!
ヒアルロン酸注射の施術において、0.5ccや0.1ccごとに価格を設定して一見安く見せているクリニックをしばしば見かけます。しかし、ヒアルロン酸注射の製剤は基本1本1ccごとのパッケージで販売されています。つまり、少ない単位での施術を行っているクリニックは、複数の患者様の間でヒアルロン酸製剤の使いまわしをしている可能性が高いと考えられます。
製剤の使いまわしは、感染を引き起こすリスクが高くとても危険です。

安全・お得なヒアルロン酸のボトルキープ制度をご用意!!

当院では感染予防のため、患者様おひとりにつき1本の注射器を使用しています。
とはいえ、「注入してほしいのは少しの量なのに、1本丸ごと購入するなんてもったいない…」とお思いの方も多いはず。施術で余ったヒアルロン酸は、6か月間、注射器にお名前とIDを記載し適切な保管をいたします。
再注入の際は、カニューレ・手技料2000円(表面麻酔希望の方別途500円)のみで対応いたします。もちろん余ったヒアルロン酸を他の気になる箇所への注入も可能です。
※ボツリヌス注射や脂肪溶解注射は使用毎に薬剤を麻酔薬などで調薬をしているため保存が難しく、キープは致しかねます。

歯科で受けるヒアルロン酸注入について

①ほうれい線 1~3㏄(両側)
②唇周りのシワ ~1㏄
③口角アップ ~1㏄(両側)
④マリオネットライン (口角下のライン) 1~2㏄(両側)
⑤唇の輪郭 ~1㏄(上下)
⑥唇のボリュームアップ ~1㏄(上下)
⑦歯ぐきの隙間 ~0.5㏄(1か所)
⑧フェイスライン ~0.5㏄(1か所)

※シワの深さ、広さにより個人差があります。
※歯科医院での施術はお口周りに限定されています。

料金表

通常料金 40,000円/1本(1㏄)
★初回のみ★ 30,000円/1本(1㏄)

※多量使用による血管閉塞のリスクの観点から1か所の注入限度は2㏄までとさせていただいております。

すべて税込みの金額です。 表面麻酔希望の方 別途500円頂戴します。

治療の流れ

1

カウンセリング・同意の確認

2

施術前の写真撮影(記録用)

3

筋肉の位置のマーキング・消毒

4

施術 
※1部位およそ15~30分 表面麻酔の場合+30分

5

圧迫止血・内出血予防のクリーム塗布

6

注意事項の説明

7

2~3週間後に効果のチェック(状況によっては1週間後の診察をお願いする場合もございます)・術後撮影

治療における注意事項

術後の経過 ※効果の出方や持続期間には個人差がございます。
  • 数日から数週間かけて少しずつ効果が現れてきます。
  • ヒアルロン酸注入日はお肌の表面浅くにコリコリとしたヒアルロン酸を感じます1週間程度で体内の水分を吸収して深いところでふっくらした感じになります
  • ヒアルロン酸を注入して1週間程は笑ったりした(筋肉が動いた)時にピリッと痛むことがあります。
  • 注射で注入致しますため、他の注射と同じく、注射部位のあざ、腫れ、赤み、内出血、疼痛などが出る場合がありま  すが、殆どが一時的なもので数日で徐々に薄くなり消失します。
  • 特に顔は血管が多いため術後内出血がみられることがございますが、1~2週間程度で徐々に消えていきます。(コンシーラーで隠すことも可能です。)
より効果を高めるための施術後の注意事項
  • 注射部位は触ったり、こすらないでください(痛みが強い場合は保冷剤で冷やしてください)    
  • 施術当日の激しい運動、長時間の入浴は避けてください(シャワー可能)
  • 当日の注射部位の化粧はなるべく避けてください       
  • 痛みが強く残っている・内出血が酷いなど治療後の経過について心配なことがあったり、患部に異常を感じましたら診察をお受けください 
    (基本的に施術2~3週間後に経過確認をさせていただいております。)
下記に該当される方は施術することができません。
  • 授乳中の方
    (授乳終了6週間後まで)
  • 治療箇所の周辺の皮膚に潰瘍や感染のある方
  • 妊娠中の方
  • 湿疹・乾癬を発症している方
  • 未成年の方
  • ケロイド体質の方
下記に該当する患者様はお申し出ください。Drと相談の上施術となります。
  • 抗凝固役を服用中(術後出血が止まりにくい可能性があります)
  • 過去にコラーゲン注射などでアレルギー反応がでたことがある方
  • アルコール消毒で赤みがでたことがある方
  • 歯科の麻酔で気分が悪くなったことがある方 

脂肪溶解注射(デンタスリム)

脂肪溶解注射(BNLS)とは?

加齢や歯の喪失、かみ合わせなどにより筋肉が使われなくなると、フェイスラインのたるみ、頬の脂肪がたまってしまいます。
骨格の歪みやズレが原因で生じるお口まわりを中心とした“顎下部”や“頬部”の「たるみ」を歯科医院で改善することが可能になりました。
またお口周りの脂肪、中でも脂肪の落ちにくい二重あごなどでも施術いただけます。
患部を切ることなく、注射のみで・部分痩身・小顔・脂肪分解作用・血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や、 老廃物の排出を促します。
小顔、顔痩せに興味がある、手術や腫れる治療には抵抗がある方におすすめの治療です。

脂肪細胞の数が減少するから、リバウンドしない

脂肪細胞の数は思春期までに決まってしまいます。一度増えた脂肪細胞は小さくすることはできても、その数を減らすことはできません。「脂肪溶解注射」では製剤が作用した部位の脂肪細胞を分解して数を減らすことができるため、生活習慣に気を付けていれば効果は半永久的です。ただし十分な効果を実感するためには複数回の治療をおすすめしています。
(一般的に薬剤を入れた量の分の脂肪が溶けて排出されますが、一か所・一回につき最大でも10mlまでの使用が限度が推奨されています。)

デンタスリム DENTA SLIM

歯科医院で出来るフェイスラインの“たるみ改善治療法”
有効成分のほとんどが植物や海藻から抽出した天然由来のもので精製されています。
今まで美容に使われていた脂肪溶解注射(フォスファジルコンが主成分)と比べリンパ循環作用、脂肪溶解作用、引き締め効果が高まり、さらに術後の腫れや痛みも大幅に減り効果の表れも早くなりました。
また麻酔(リドカイン)を溶液と一緒に入れることで術中の痛みの軽減にも配慮しています。

こんなお悩みありませんか?

  • アゴや頬の脂肪が気になる
  • ダイエットしたがリバウンドしてしまった
  • フェイスラインのたるみが気になる
  • 運動しても二重アゴがなかなか落ちない

当院の脂肪溶解注射

最新のマイクロカニューレ注射針を使用します。

カニューレとは従来の鋭い針と違い、先端が丸く、側面に穴があいた針です。施術中の痛み・内出血を抑える、注入回数を少なくできるメリットがあります。
従来の針に比べ、長針であるため、一つの針穴から幅広いエリアへの注入が可能となります。そのため従来であれば複数の穿刺が必要な箇所も、1回の注射で広範囲の注入が可能になるため、穿刺回数による痛みも軽減します。皮膚及び皮下組織の中には、神経や血管が多数存在しており注射の処置には内出血が生じやすいのが現実です。
通常の注射針の先端はメスのように鋭く尖り、通り道に存在するすべての組織をカット(損傷)しながら進むためこれらを損傷する可能性があります。一方カニューレは、先端が丸く組織をカットすることができないため、血管や神経などの皮膚組織を傷つけずに注入でき、内出血が大幅に回避できます。そのため、カニューレでの治療は、組織にとても優しく、痛みや腫れ、内出血が少ないのです。

部位別の注入量の目安

①頬 (ほうれい線のあたり) 1~2シリンジ (片側)
②下頬部 (マリオネットライン) 1シリンジ (片側)
③側頬部 2~4シリンジ (片側)
④下顎の輪郭 1~2シリンジ (片側)
⑤顎下部 (2重あご) 3~5シリンジ

※1シリンジ=1cc
(脂肪量により注入容量には個人差があります。)
※歯科医院での施術はお口周りに限定されています。

*1回の施術でも効果は期待できますが、気になる部位に3回程度の施術が推奨されています。

料金表

部位 通常料金 ★初回のみ★
1シリンジ 8,000円 合計金額より1,000円off
同日2部位コース 合計金額より1,000円off 併用可能
同部位3回コース 合計金額より1,000円off 併用可能

※一回の施術につき2部位までとさせていただきます。

すべて税込みの金額です。 表面麻酔希望の方 別途500円頂戴します。

★特別キャンペーン★
偶数月の第3~4週目のみさらに1,000円Off
(※このキャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます)

治療の流れ

1

カウンセリング・同意の確認

2

施術前の写真撮影(記録用)

3

筋肉の位置のマーキング・消毒

4

施術 
※1部位およそ15~30分 表面麻酔の場合+30分

5

圧迫止血・内出血予防のクリーム塗布

6

注意事項の説明

7

2~3週間後に効果のチェック(状況によっては1週間後の診察をお願いする場合もございます)・術後撮影

治療における注意事項

術後の経過 ※効果の出方や持続期間には個人差がございます。
  • 2~3日後から効果が現れてきます。
  • 施術後に打ったところがポコっと膨らみや凹みができる可能性があります
  • (大半が液の貯留によって起きるケースでこの場合は1週間程度で徐々に吸収されていきます。)
  • 注射で注入致しますため、他の注射と同じく、注射部位のあざ、腫れ、赤み、内出血、疼痛などが出る場合がありますが、殆どが一時的なもので数日で徐々に薄くなり消失します。
  • 基本的にはリバウンドはありませんが食生活や生活環境等により脂肪細胞そのものが大きくなる可能性があります。
  • 非常にまれに硬いしこりになる場合がありますが時間の経過とともに消失します。
  • 特に顔は血管が多いため術後内出血がみられることがございますが、1~2週間程度で徐々に消えていきます。(コンシーラーで隠すことも可能です。)
より効果を高めるための施術後の注意事項
  • 注射直後は強くこすらないでください
  • 施術3日間の長時間の入浴は避けてください(シャワー可能)
  • 翌朝まで注射部位の洗顔や化粧はなるべく避けてください
  • 献血は3か月経過以降に行ってください。
  • 痛みが強く残っている・内出血が酷いなど治療後の経過について心配なことがあったり、患部に異常を感じましたら診察をお受けください。(基本的に施術2~3週間後に経過確認をさせていただいております。)

注射翌日以降はマッサージや有酸素運動を推奨します!

マッサージをすることでDENTA SLIMが皮膚内によく広がり効果的です。有酸素運動はDENTA SLIMで溶けた脂肪を燃焼し減少させるのに効果的です。

※何度かの施術を希望される場合は治療日から1週間以降に施術可能です。一般的に薬剤を入れた量の分の脂肪が溶けて排出されますが、平均で3~5回程度で見た目にも変化があるような効果を実感する方が多いようです。

下記に該当される方は施術することができません。
  • 授乳中の方
    (授乳終了6週間後まで)
  • 治療箇所の周辺の皮膚に潰瘍や感染のある方
  • 抗がん剤治療を行っている方
  • 妊娠中の方
  • 湿疹・乾癬を発症している方
  • 甲状腺機能亢進症の方・腎不全、腎機能障害のある方
  • 未成年の方
  • ケロイド体質の方
  • 細小血管障害や血管不全のある方・免疫不全自己免疫疾患(特に強皮症)を持つ方
下記に該当する患者様はお申し出ください。Drと相談の上施術となります。
  • 抗凝固役を服用中(術後出血が止まりにくい可能性があります)
  • アルコール消毒で赤みがでたことがある方
  • 歯科の麻酔で気分が悪くなったことがある方

ページトップへ戻る